<< 第752回吉部八幡宮芋煮え祭(前篇) | main | ハロウィンin吉部 >>

スポンサーサイト

0
    • 2017.01.10 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    第752回吉部八幡宮芋煮え祭(後篇)

    0
       続き(後篇) ⇒前篇はこちら

       御神輿も無事帰還し、お祭りは後半戦を迎えます。
            
       夢ゆめクラブ吉部の郷のテントでもお馴染み手芸品の販売がありました。
            
       お茶席ではこちらの吉部女たちがにこやかに接待されます。
       このお茶席、旧船木鉄道のトンネルに抜ける東屋でもやっていただけたらと思います。
       何かイベントの際、お願いしたいです。
       この画像は明らかにやらせです。
            
       このようにご夫婦で仲睦まじく御抹茶をいただくことが出来ます。
       こちらの画像も若干やらせです。
            
       ステージもはじまりました。
       吉部出身のギタリストが率いるレインボーラブのライブ↓
            
       小山ヤスコ&立銭太鼓(さくら会)↓
            
       そして吉部黒川のスタア、Y根さんのCDデビュー後初の凱旋ステージです。
            
       O田さんが花束を渡されました。
       O田さんが音速の速さだったため、よく撮れませんでした。
       可能であれば一緒にステージに立ってほしかったです。
            
       吉部山中のI上さんのステージ↓
       吉部は芸達者ばかりです。
            
       で、歌謡ショーの次は奉納抽選会(第一部)です。
       商工会と、地元の特別賞とチャンスが二回あります。
       お酒が当たったようです。
       
       
            
       河中所出身のH生さんがスポンサーとなった‥
       
        
            
       沖縄三線 喜納流 かりゆしのステージ↓
       
            
       で、奉納抽選会第二部です。
       私は自分で5枚購入し、H生さんから託された10枚、N見会長が吉ふセンターのお姉さま方から託されたくじを、更に私に託された2枚と、計17枚もの奉納富くじを握りしめ、番号がよばれる度に軽くわななきながら当選を待ちましたが‥
       当たるのは↓M城大将や、おいでませのボスばかり‥
       ということで今年もさっぱり当たりませんでした。
       一年間徳を積んで、5年目は前に出たいと思います。
            
       最後に餅まきです。
       ビニールに入っていないこの昔ながらのお餅は当たると結構痛いと評判でした!
       土曜日においでませ吉部の方々が丹精込めて作られたお餅です。
            
       今年も楽しい芋煮え祭でした! 
       吉部の皆様、まことにありがとうございました。

      ********************************

       で、前の日の日曜日‥

       おいでませ吉部は朝の4時半から吉部まんじゅうや吉部のこんにゃく作り、寒漬、梅干しの用意と大忙しでした‥(前の日は餅まきのお餅作りです)
            
       加工場にて‥
       
            
       この吉部こんにゃく、エゴマとゆず、何も入っていないものと種類があります。
       刺身こんにゃくにして酢味噌で食べると大変美味しいです。
                

      ********************************

       吉部ふれあいセンターでは毎年芋煮え祭と共に吉部生涯学習文化展が開催されます。(吉部生涯学習推進協議会主催、11月3日と4日の午前まで)
            
       当日はやはりお宮に張りつきますので、前の日夕方にお邪魔しました。
       吉部の子どもたちが描いたふるさとの夢が大変面白かったです。
            
       生け花作成中でした↓
            
       昨日(土曜日)の9時から放映された『世界ふしぎ発見』にゆうれい寿司が出たということで、その時の画像を見せてもらいました。
       11月1日(土)放映 日本が生んだ寿司文明まだ見ぬSUSHIを求めて 
       テレビ画面をデジカメで撮ったものを、更にデジカメで撮っております。
       これは‥I上さんとC々松さん、H田さんですね‥
       
            
       しっかり紹介されております。
       はなまるマーケットに続きまして、二回目の全国デビューです。
            

      ********************************

       次の日‥
       お祭り当日の朝です。
       おいでませ吉部のお母さん方はもう一つの吉部名物、竿まんじゅうを作られております。
       別名なぎなた餅という通り、薙刀の刃を模して作られます。
       なんだか昨年も同じような光景を見たようです‥↓
            
       ナギナタのままだととんでもなく食べにくいため、このようにカットされて4つ入り600円で販売されます。
       今年のお祭りでも、この竿まんじゅうは作れば作るほど売れる人気商品でした。
            
       この伝統ある竿まんじゅう、現在おいでませ吉部でしか作られておりません‥
       ゆうれい寿司もそうですが、是非吉部の方にこの吉部銘菓を受け継いでもらいたいと切に願います。
       吉部の皆様連日本当にお疲れ様でした!
            
            
            

      スポンサーサイト

      0
        • 2017.01.10 Tuesday
        • -
        • 06:30
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM